不動産の購入にかかわる業者とは

住まいを購入するときによくお世話になるのが仲介業者です。
買い手と売り手の間に立ち、売買契約をスムーズに成立させるのが主な仕事です。
間を取り持つだけで高額な手数料を取るなんてけしからんと言う人もいますが、不動産の仲介業者には買い手にとって必要な役割があります。
仲介業者は物件も持っていませんし、投資した資金を失うリスクも負っていません。
しかし、不動産取引の知識を豊富に持ち、物件や買主を探すノウハウを有しています。
仲介業者は売り手と買い手を結びつけるサービスを販売する業者と言うわけです。
契約が成立したら、当然ながら仲介業者に手数料を払わなくてはいけません。
手数料の上限は法的に定められており、法外な金額を請求される心配は不要です。
決して安い金額ではありませんが、きちんと費用に組み込んでおくようにしましょう。
ちなみに、代理業者は売り主に成り代わっているだけです。
買う側が手数料を払う必要はありません。