全国の不動産地価の数字をだれでも閲覧できるサイト

不動産を所有すれば毎年毎年にして固定資産税というのを支払わないとなりません。
昔から市と名の付く多くの地域ではこれとは別に都市計画税というのも支払わないとなりません。
この税金は建物と土地の2つの合計で成り立っていて、土地の部分は土地の広さとその場所の1名法メートル当たりの評価額で決まります。
その土地の評価額を決めるのは行政ですが、この評価額の根拠となるおおもとの数字が公示地価と呼ばれる数字となります。
この公示地価というのは選任された2人の不動産鑑定士が標準地と呼ばれるポイントを精査して、正常とされる売買価格を決め、さらに土地鑑定委員会で問題がないか精査することで決められています。
このとき個別の事情で周辺相場よりも極端に安くあるいは高く売られた土地は除外されます。
この公示地価をもとに、路線価と固定資産税評価額が決められます。
路線価は公示地価の約8割で、固定資産税評価額は約7割とされます。
この固定資産税評価額などは全国地価マップという名前のサイトがあり、一般財団センターの資産評価システムセンターというところが情報更新をしています。
そしてそのサイトは誰でも無料で全国各地を閲覧することが可能となっています。